小児歯科

吉井歯科医院では、子供の歯をむし歯にしないために、笑顔で通いたくなる歯科医院を目指しています。

小児歯科診療のコンセプト

子供達にとって、歯科医院との最初の出会いが歯科に対するイメージを決定します。

最初に嫌な思いをしたり、痛いことをされたりすると、ずーっと悪いイメージを持ってしまいます。

そうすると大人になってからも、歯医者が嫌になり、痛くなったり、腫れたりと症状が進行してからの受診となり、痛みを伴う治療が必要となります。

その結果、ますます歯医者は嫌な場所になってしまいます。

吉井歯科医院では、むし歯で痛くなってから治療に行って嫌な治療をされる歯科医院ではなく、そうなる前の、健康維持のために子供達が笑顔で喜んで通いたくなるような歯科医院づくりを目指しています。

治療の流れ

1.来院

「こんにちは」

笑顔で受付のお姉さんがお出迎えします。

待合室には絵本がありますよ。

2階にはキッズコーナーがありおもちゃがいっぱいあります。

おむつ替えシートもあります。
2階は土足ではありませんので、スリッパに履き替えてくださいね。

2.問診表の記入

来院の理由、アレルギーがないか、食生活のアンケート等に記入していただきます。

3.カウンセリング

今不安に思っていること、疑問に思うことなど、何でも気軽にお話してください。
吉井歯科医院のシステムについてもお話致します。

4.診療室へ

小さなお子さんはお母さんと一緒に、1人で座れるお子さんは一人でチェアーに座ります。

吉井歯科医院では、小さなお子様の場合いきなり削ったりはしません。

歯医者に慣れてもらう為と、何よりむし歯にならないための処置がもっとも大切だと考えるからです。

ただし、痛みがある場合や、どうしても気になる場合は治療を行います。

5.お口の中のチェック

ドクターがお口の中にむし歯がないかどうかをチェックし、詳しくご説明致します。

6.磨き残しチェック、歯磨き指導

むし歯を治すだけではどんどん歯は悪くなってしまいます。

むし歯予防にもっとも大切な歯磨きとホームケアの方法を指導致します。

7.クリーニング(PMTC)

歯ブラシでは落とすことができないお口の中の汚れを、専用の機械で落とします。

定期的にクリーニングを行なうことで虫歯になりにくくなるんですよ。

8.フッ素塗布

フッ素を塗ることで歯が丈夫になり、むし歯菌から歯を守ってくれます。

9.次回のご予約・ごほうび

診察が終わったお子さんには、シールやおもちゃなどのごほうびがありますよ。

頑張る子の応援法

吉井歯科医院ではお子さんが安心して治療を受けられ、お子さま自身の中にあるがんばる気持ちを応援したいと思っています。そのため現在次のような方法をとっています。

1.慣れるまで何度か通院してもらう

人見知りが強いタイプの子供も、担当のスタッフや歯科医師とお話したり遊んだりしているうちに、徐々にうちとけていきます。
また歯医者さんで使う機械を徐々に体験していくことで、治療を受け入れてくれるようになります。

2.頑張って治療ができたらごほうび

一生懸命頑張って治療できた子供には、かわいいシールや消しゴム、ミニカーなどのごほうびがあります。

3.お母さんと離れてみる(3歳未満は一緒です)

歯医者のスタッフに慣れても、子供たちはお母さんが横にいると甘える気持ちが強くなって泣いてしまうものですね。
ですが、お母さんが離れると実はとてもお兄ちゃんお姉ちゃんで急に上手になってしまうのです。
スタッフとコミュニケーションが取りながら治療していきます。

この場合はお母さんが子供たちの様子が気になられると思いますので、こっそり子供たちが頑張っている姿を見てもらいます。

保護者の方へのお願い

  • 小さな子供さんのご予約は、出来るだけ午前中にお願いします。
    特にお昼寝の時間は避けてくださいね(本当は上手にできるのに、眠くて機嫌が悪くなってできなくなってしまいますよ)。
  • 小さな子供さんの治療は、その子その子のペースに合わせて行ないますので、焦らないでくださいね。
    お忙しい中「出来れば早く終わらせたい!」とお思いかと思いますが、1〜2回の治療回数を少なくする為に、押さえつけて泣かせながらの治療は歯医者ぎらいにさせるだけで意味がありませんよ。
  • 痛い場合を除き、大人の治療と違って、大きなむし歯から順番に治療するわけではありません。小さなむし歯から治療して、少しずつ自信をつけながらいくこともあります。
  • 子供達に、「悪いことをしたら歯医者さんに連れて行くぞー」とか言わないでくださいね。
    歯医者は痛い・怖いというイメージがすり込まれてしまいます。
  • 上手にできたら、大げさに褒めてあげてください。
    逆にできなかったとしても、怒らないでください。できるように、おうちで少し練習してみましょう。

小児歯科のトップへ