小児

年齢別歯磨きのポイント 6歳~小学2年生の歯磨きのポイント

こんにちは、吉井歯科医院 吉井浩子です。
年齢別の歯磨きのポイントについて何回かにわたってご紹介したいと思います。

歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間、奥歯の溝などは、年齢に関係なく汚れのたまりやすい場所で(=むし歯になりやすい場所)ですが、この他に、こどもの年齢によってむし歯が発生しやすい場所があります。
仕上げ磨きはそうしたポイントに注意して磨きましょう♪♪

<6歳~小学校2年の歯磨きポイント>

むし歯になりやすい場所 ・奥に生える永久歯(6歳臼歯

6歳臼歯(永久歯)が乳歯の奥歯の奥に顔を出してきます。

生える時期には個人差があり、早い子だと5歳でも生えはじめる場合があるので、仕上げ磨きの時に、奥歯の奥ををよく見てください。

磨くときは、ハブラシのつま先を使ったり、横から歯ブラシを入れ込んで、かみ合わせの溝にそっと当てて、優しく磨きましょう。力をかけると歯ぐきに傷ができてしましいます。

だいたいは、お子さん自身で磨けるようにしていきましょう。大人は6歳臼歯の仕上げ磨きを必ず手伝い、他磨けていないところを指摘しながら、仕上げ磨きしてください。

小学生になったからと言って、いきなり仕上げ磨きをしなくなっては、ダメですよ。大人でも難しい歯磨き、子供だけではまだ磨けません!

・6歳臼歯がはえたら、汚れが落としやすいように、<b>シーラントがオススメ
・歯磨き粉とフッ素洗口(ミラノール)の併用がオススメ

小田原市 吉井歯科医院
にほんブログ村 小田原情報